2016年09月05日

江戸川乱歩「黄金仮面」書起。「第四回 黄金の守宮」を掲載

江戸川乱歩 作品集』に収録予定の「黄金仮面」の第四回目をお届けいたします。
 産業博覧会には演芸館と合わせて、百五十尺の「万歳塔」があったそうです。約四五メートルですから、一五階くらいの塔ですね。このトピックでは、この「産業塔」が舞台になります。


続きはこちらからご覧ください
【関連する記事】
posted by じん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸川乱歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

江戸川乱歩「黄金仮面」書起。「第三回 恐ろしき喜劇」を掲載

江戸川乱歩 作品集』に収録予定の「黄金仮面」の第三回目をお届けいたします。
 昭和三年の産業博覧会には木造二階建ての演芸館も併設され、舞台はそちらに移ります。喜劇「黄金仮面」の舞台に本物の黄金仮面が逃げ込み、ちょっとスラップスティックな展開になります。喜劇「黄金仮面」をプロモートしたのは、やはり黄金仮面だったんでしょうかねぇ。


続きはこちらからご覧ください
posted by じん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

江戸川乱歩「黄金仮面」書起。「第二回 大真珠」を掲載

『』に収録予定の「黄金仮面」の第二回目をお届けいたします。
江戸川乱歩 作品集 黄金仮面最初の盗難事件、大真珠「志摩の女王」です。当時の値段で二十万円に相当です。だいたいこの時代一円は現代の価値にすると四百円程度とされていますので、そのまま換算すると八千万円くらいでしょうか。当時の真珠は価値が大きかったんですね。
 当時は東京は東京府と呼ばれていたので、産業博覧会は東京府と東京市の合同主催だったということでしょう。モデルは昭和三年に開かれたときのものだそうです。

 20160807.jpg


続きはこちらからご覧ください
posted by じん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸川乱歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。